韓国ドラマ イ・ヨンエ
西宮

1995年全52話

イ・ヨンエ
キム・ギュチョル
イ・ボヒ
キム・ボソン
ハン・インス
チャン・ソヒ
ソ・インソク
オム・ユシン

製作:キム・ジェヒョン
美術:キム・ドォクヨン
音楽:イム・ヒョテク
脚本:パク・チャンスォン
監督:キム・ジェヒョン

嵐の中、山中を逃げまどう身重の女。男たちに追われていたその女・カンは廃屋に逃げ込む。そこには雨宿りをしている和尚・ムブルがいた。事情を聞いたムブルは男たちを追い払うが、カンはその場で産気づき、一人の女の子を出産する。娘はケトンと名付けられ、母とともにムブルの寺で暮らすこととなった。時は流れて1592年、豊臣秀吉による朝鮮出兵“壬辰倭乱”が勃発。 日本軍の思わぬ侵攻に混乱した朝廷は、一時都を捨て義州へと逃げのびた。その地で王・ソンジョは、いずれ世継ぎにと考えていた王子・シンソン君(グン)を亡くしてしまう。ソンジョはやむをえずクァンヘ君を皇太子とするが、自分の意に反し皇太子となったクァンヘ君は父に対して恐れを抱き、常に孤独を感じていたのだった。その頃、ケトンは10歳になり、同じ寺で育った両親のいない少年・ウォンピョを兄と慕い仲良く暮らしていた。そんなある夜、ケトンの母が何者かに連れ去られるという事件が起こる…。

プロフィール
出演映画
出演ドラマ
受賞暦
CM出演
HOMEに戻る


©イ・ヨンエ ヨンエニスト